食べたい気持ちを押さえ込まない

食べたい気持ちを押さえ込まない

「甘いものが食べたい!」というのは世の女性たちの永遠の願望です。

それと同時に「ダイエットしなきゃ!」というのは世の女性たちの永遠の課題であります。

確かに甘い食べ物といえばカロリーも高く、炭水化物や糖質が多く含まれるため、ダイエット中には避けたいものです。

しかし、食べる時間やスイーツの種類、量を工夫すれば、太ることをそこまで気にせず、大好きなスイーツを食べることができるかもしれません。

たとえば、大ブームのパンケーキなどは、流行りのホイップクリーム山盛りなどのトッピングではなく、シンプルにハチミツとバターで食べればいいでしょう。

「バターはカロリーが高い!」という意見もあるでしょうが、ダイエットの際に大切なのは

「糖類や油脂類をまったく摂らないこと」ではなく、「身体に必要な分だけ摂ること」なのです。

逆に油脂類を一切避けてしまうと、身体に悪影響が出かねません。

「今日、どれだけ油脂類を摂ったか」で全体の量やカロリーを調節すれば、多少食べても問題ないでしょう。

むしろ、「食べたい!」という欲望を無理に押さえて食べる量を減らしていると、身体は飢えてしまい、食べたものの栄養を脂肪にして溜め込もうとし始める可能性があります。

ダイエットで大切なポイントは「ほどほどに食べること」、そして、先に書いたように
「一日に必要な量を考えて栄養を摂ること」なのだということを覚えておいてください。

糖類も油脂類も、決してあなたのダイエットの敵ではないのです。

スイーツを食べるなら、できるだけ早い時間帯に

くれぐれも、寝る前などに食べてはいけません。

もし夕方以降に食べるのであれば、ヨーグルトなどがお勧めです。
生クリームやフルーツをたっぷり使ったパフェやパンケーキなどのカロリーの高いスイーツは、午後の早い時間のうちに食べてしまった方がいいでしょう。

今人気の専門店のパンケーキなどは結構ボリュームがあるので、ランチ代わりに食べるのもお勧めです。

そうすれば、「甘いものをたっぷり食べたい」という欲望を満足させられますし、ランチであれば午後からの仕事や運動で摂りすぎたカロリーを消費することもできるからです。

スイーツを食べることとダイエットを両立させたいのであれば、食べたいと思う気持ちを無理に押さえ込まないで、カロリーを減らさなければという強迫観念にとらわれ過ぎないようにしましょう。

「食べたら、いつもよりも少し長く歩こう」

「今日の予定はハードだから、少し甘いものを摂っておこう」

と、食べたカロリーより少し上回る程度の運動や仕事量を目標にすれば、ストレスを貯め込まないでダイエットができるはずです。