代謝を上げる体作り

代謝を上げる体作り

おいしいスイーツは食べたい、だけど太りたくない…

欲望と理想の間で、こんな悩みを抱えている女性はきっと多いでしょう。

しかし、実際に太る原因はスイーツとは限りませんし、大好物のスイーツを我慢して苦しいダイエットを続けても、それでは逆に心身に悪い影響が出かねません。

そもそも「スイーツを食べることと、ダイエットは両立できない」という考えが早計だと言えるのではないでしょうか。

糖類や油脂類が太る原因だと思い込んでいる人も少なくないでしょうが、太る原因のひとつは新陳代謝の機能が低下していて、体内で油脂類や糖類を分解できる量が減っていることなのです。

ですから、「スイーツを食べなければ痩せる」という考えはひとまず脇へ置き、身体の代謝機能を向上させる方法を考えましょう。

大切なのは、睡眠時間を増やすことと、酵素を摂ることです

体内の新陳代謝はだいたい午後十時から午前二時の間にもっとも活発に行われるので、その時間帯にはしっかり寝ておく必要があります。

それは、身体を動かすためのエネルギーを新陳代謝に回すためです。

「睡眠不足の人は太りやすい」と言われているのは、真夜中まで起きているせいで、新陳代謝のために必要なエネルギーがそちらに回せなかったからです。

酵素とは、新陳代謝が正常に機能するための、いわばガソリンのようなものであり、ダイエットで酵素を摂ることはとても大切です。

代謝機能をあげるために必要な酵素は、発酵食品や野菜、フルーツなどに含まれています。
ですから、ダイエット中に食事をする際は、発酵食品をできるだけ取り入れましょう。

旬のフルーツが添えられたパンケーキやパフェがお勧めです

特にパンケーキは、ランチ代わりとして食べられるボリューム感があるので、ダイエット中だけどスイーツが食べたいという人には最適なメニューだと言ってもいいでしょう。

他にもできればフルーツをメインにしたスイーツを選びましょう。

フルーツ系以外のスイーツなら、チーズや甘酒などの発酵食品がお勧めです。

最近は、発酵食品を使用したスイーツの専門店などもあるので、ダイエット時のおやつ用にいくつか通販で取り寄せてもいいでしょう。

代謝機能が向上すれば、糖や脂肪を分解する力も上がるため、今までのように甘いものやカロリーを恐れなくてもよくなります。

ダイエットしたいけど、スイーツも食べたい人は、まず身体のシステムを改善するところから始めましょう。

そうすれば、大好きなスイーツを必死に我慢しなくても、ダイエットが続けられるはずです。