食事とスイーツのバランス

食事とスイーツのバランス

「スイーツがなければ一日が始まらない!」

なんて思うスイーツファンの方も、今では珍しくありません。

その一方、「こんなに食べたら、太ってしまうかも…」「スイーツを食べるならダイエットしなきゃ!」と焦ってしまうことも少なくないでしょう。

大好きなスイーツを食べることとダイエットは相反することである……
とは、限りません。

スイーツを食べる時間帯や、カロリーを自分で調節すればいいのです。

ダイエット中にスイーツが食べたいなら、ランチの代わりにスイーツを食べるなど、食事を含めた一日のカロリー量を考えて調節しましょう。

カロリー計算に加えて、身体の代謝機能を向上させることを意識します。食事やスイーツを食べる時間帯を考慮すると、なお良いでしょう。

ただし、くれぐれも、食べることを我慢して、ストレスから代謝機能を低下させてしまわないよう気をつけてください。

成人女性が一日に必要カロリーは1,800~2,000kcal

それを三回に分けた分が、一食のカロリーになる訳ですが、これから活動を始める朝や、活動時間真っただ中の昼に、そのカロリーの大部分を持ってくると効率的に消費することができるでしょう。

つまり、食事代わりにスイーツを食べるのであれば、朝か昼がお勧めという訳です。

もちろん、食事は食事として摂って、その他にスイーツを食べたいというのであれば、それも構いません。

その際は食事のカロリーを控え、それに加えてカロリーの低いスイーツを選ぶようにしましょう。

食事代わりにスイーツを食べるのであれば、「パンケーキ」がお勧め

できれば、今人気の専門店で提供されているような旬のフルーツが添えられたメニューがいいでしょう。

フルーツには新陳代謝の機能を向上させる生酵素が含まれているため、ダイエット中に食べれば効果的です。

「フルーツはいいけど、パンケーキのカロリーが気になる…」という人は、注文時に生クリームなどを減らしてもらい、代わりにハチミツをかけて食べるのがお勧めです。

ハチミツは、砂糖よりも少ない量でしっかり甘さを感じることができるので、「甘いものを食べた!」という満足感をもたらしてくれるでしょう。

スイーツを食べながらダイエットを成功させたいのであれば、食事とスイーツとのカロリーバランス、栄養素の組み合わせを考えてメニューを選ぶのがお勧めです。

スマホ向けのカロリー計算アプリなども活用してみてくださいね。